イントロダクション

函館の大学に通う、内気な性格の大学生・七星 蓮。

幼い頃に見たライブステージの熱狂を忘れられず、その正体を探す日々を送っていた。

そんなある日、一人カラオケで歌う蓮を、同じ大学に通う結人と航海が見つける。

ボーカルを探していた二人は、蓮の歌声に衝撃を受けた―――

一方、札幌で絶大な人気を誇る実力主義若手バンド「GYROAXIA」。

そのボーカルであり、バンドの支配者である「旭 那由多」は自分の音楽だけを本物とし、
バンドメンバーには演奏力のみを要求する。

そんな那由多は、蓮の歌に何かを感じ、次第に意識しだしていく―――

二つの歌が奏でる、運命への-前奏曲(プレリュード)-